シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

新年度までに『ほぼ日手帳weeks』を手放したい計画

f:id:echica-sun:20170228225053j:plain

 
正直に白状すると、どうやらわたしは今まで、紙の手帳の呪いにかかっていたらしいのです。


毎年、新しい手帳が東急ハンズやLOFT、文具屋さんなどに並びだすと、ソワソワしながら品定めに出かけていました。


各メーカーやブランドの手帳が並ぶ中、雑誌やWEBで評判の手帳を手にとっては、無駄に悩んでいました。


ここ数年は、あの『ほぼ日手帳』シリーズ。ただ、残念ながら使いこなせてはいませんでした。

 

いっそ、手帳の品定めの時間そのものが無駄なんじゃないかと思うほど、悩む悩む。


まだまだ使いこなせていないくせに、なぜか「やっぱりアナログな紙の手帳が一番だよね~」という呪いから抜け出せずにいました。

 

真っ白なページが増えてくると、使いこなせていないストレスで、かわいくカスタマイズしながら手帳ライフを謳歌している人がうらやましかったんです。

 

 

別に、アナログな紙の手帳が一番と言うわけでもないと思うんですよ。

海外なんかだと、今はデジタル(スマホとか)な手帳アプリで管理している人が主流だそうじゃないですか。

 

 


きっと、「紙とペンで書きたい」という欲求がそうさせていたんでしょうね。

 

そんな中、去年の後半からこうしてブログに向かい出したところ・・・紙の手帳の出番が激減してしまいました。手帳に書く頻度が大幅縮小。


気が付くと、2017年版ほぼ日weeksを用意したものの、ほぼ未使用のまま(汗)

 


もう2月も終わるというのに。

白紙だらけのほぼ日weeks。もったいない!

 

そこで悩んだ結果、「やっぱりアナログな紙の手帳が一番だよね~」の呪いを解いてみようと、思い切って手帳を手放すことにしました。


といっても、すぐに手放してしまうのではなく、新年度に向けてデジタル移行期間をおいてみることに。

 

 

スマートフォンなどのデジタル手帳のいいところは、


・子どもの習い事などの予定「繰り返し」機能がある。

・カレンダーに「写真」を取り込めるアプリもある。

・リマインダー機能がある。

・1年分だけではなく、過去の予定データも検索可能。

・PC-タブレット-スマホのデータ連携が容易である。

・色分けできたり好みにカスタマイズ可能。

・毎年お金をかけて手帳を買わなくても良い。


などなど・・・

 

やはり、写真データが取り込めたりすると、便利ですよね。

学校などのお便りなども、データとしてかさばらずに持ち運べます。

 


難点は種類がありすぎて、定まるまでに時間がかかりそうだということ。

広告は表示してほしくないので、費用もかかりそう。


口コミなどを見ても好みは人それぞれなので、ある程度使ってみないとしっくりくるか分からない面もありますね。どれがオススメなんだろう??

 

実際にデジタル化に移行して、「やっぱりアナログな紙の手帳が一番だよね~」の呪いがさらに深くなる可能性もありますが(笑)


しかしながら、アナログな手帳に向かって、こまごま書き込む時間すら惜しいと感じている今日この頃。

 

スッキリ手帳を手放して断捨理をできるかどうか、結果は新年度あたりにレポートしたいと思います☆