シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

別居をして実家へ出戻るときの荷物はどうする?

f:id:echica-sun:20161204223409j:plain

 

先日の記事の続きです。

www.single-nichix2.com

 

わたしが別居をする時には、神奈川から北海道まで、ほぼ段ボールに入った荷物だけを送っています。


家具、家電は元夫に引き渡し、必要な荷物だけマンションから運びだしました。

ある意味、一番シンプルな引越しですね。

 

わたしが子どもを連れて家を出た後に元夫が立ち会って、業者さんが一気に荷物を運び出すという計画でした。
段ボールにまとめられたものを数十個運び出すだけなので、業者さん2人かかりであっという間に運びだしたようです。

 

わたしがこの時利用したのが、ヤマトの単身パックです。

 

内寸1.04m×1.04m×1.7m(1.83㎥)のBOXを2つ分利用して、大量のダンボールを運んでもらいました。単身パック2BOXで、神奈川から北海道で約7万円ほど。


大きな家財を運ぶ場合はもっと高額になりますので、この程度で収まってよかったです。

 

 

さて、その後は荷物が北海道へ運ばれてくるのですが、実家には数十個の段ボールを収納するスペースはありません。ごく一般的な賃貸住宅ですし、部屋もかろうじて6畳の部屋に居候している状況・・・押入れも、捨てられない病の母が溜め込んだ荷物でぎゅうぎゅうです。

 


そこで、わたしは『トランクルーム』を利用することにしました。


神奈川で別居準備をしているときに、全国規模で展開していて実家から行き来が可能な場所で借りられることを条件に、事前にリサーチしていたのです。

 

 

わたしが何か所か検討した結果、


・実家から車で20分以内の場所にある

 

・借りるスペースの広さが選べる(荷物が入りきること)

 

・何よりも費用が無理なく払える範囲であること

 


これらを満たしていたのが、ハローストレージさんでした。

 

ハローストレージ

生活空間にはゆとりがなくちゃ!収納の新常識!

  

契約の予約はWEB上でできますので、神奈川にいるうちから希望の広さや料金について、

ハローストレージの担当者さんとやり取りをしていました。

北海道に引っ越してから、実際に本契約を結びましたが、事前にやり取りをしていたのでとてもスムーズに手続きが完了しました。

 


そのおかげで、神奈川から運び出した荷物を直接トランクルームへ運びこんでもらうことができたのです。

 

ゆくゆく実家から引っ越したら解約しようと考えていたのですが、未だに実家住まいなので、契約も続行中です。いつもお世話になっています☆


わたしの契約しているトランクルームは、ビルのワンフロアーを区分けしている形式なのですが、広さが用途に合わせて選べることがポイントです。

 

ロッカータイプのものから、4畳程度の広いものまで。わたしは2畳の広さのスペースを契約していますが、内部は意外と広いので、かなりの荷物が入ります。


中にラックなどを入れて縦方向に拡張すると、その収納量は相当あります。


わたしの荷物だけではスペースが余ってきたので、最近は弟の車のタイヤやマンガなどの蔵書も、スペースのシェアとして置いているくらいです。

 


意外とトランクルームの利用者が多いようで、空きがでたらすぐに次の希望者で埋まってしまう状態のようです。
北海道は1年の半分近くが雪に閉ざされるので、外の物置に置くのはちょっと・・・でも、家の中には置くスペースがないというような物をしまっておけるトランクルームは、やはり需要があるんですね~~

 


住んでいる地域によっては、トランクルームを利用することが難しいかもしれませんが、引っ越しの荷物を期間限定で預けておける場所として、トランクルームを検討してみるのもいいかもしれませんね。