シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

北海道ではスキーが『学用品』。リサイクルショップで賢く節約!

f:id:echica-sun:20170107204025j:plain

 

 

北海道の小・中学校では冬の体育でウィンタースポーツが必修となっています。

わたしが小学校時代を過ごした道東ではスケートが必修でした。


雪のない地域の人にこの話をすると驚かれるのですが、道東のスケート必修地域では、学校のグラウンドにスケートリンクが作られるのです。


連日せっせと当番の先生がグラウンドに巨大なホースで水を撒いて、りっぱなスケートリンクが完成。

スケートの授業は氷点下の中、屋外でやるので、寒くて嫌な授業だったんですけれどね・・・

 


ちなみに、授業で使うのは「スピードスケート」です。

道東出身のほとんどの方は、おそらくスピードスケートはそこそこ上手だと思いますよ。

小さいころから毎年滑るので。

 

 

さて、今住んでいる地域はスキーが必修です。

体育の授業で、バスに乗って近くのスキー場に行くんです。

低学年は学校のグラウンドで雪山を作って練習をするのですが、長女はいよいよスキー場で授業が始まります。


そして、問題なのが、授業で使うスキーは各家庭で用意しなくてはいけないのです。

 

スキーは子どもの身長にあったものを用意しなくてはいけません。

スキー靴のサイズもブカブカだと安定感が損なわれるので、せいぜい2年が限度。

 

スポーツ専門店やイオンなどでスキーを購入する場合、メーカーなどにこだわりがなくても、そろえるだけでけっこう高額です。


スキー板(金具付)、ストック、スキー靴のほかに、スキー靴用のバッグ、スキー板用のケース(布製)なんかが必要だからです。

 

スキー3点セットで販売されているものでも、大体2万円弱くらいでしょうか?

 

 

これを、2,3年ごとに買い替える(しかも、長女・長男2人分)と考えると・・・キツイ。

 

そこで、わたしの住んでいる自治体では”就学援助”の受給者を対象として、「スキー=学用品」ということで、スキーセットの現物支給があります。


※就学援助とは・・・小・中学生がいる家庭・シングルマザー(ファザー)のひとり親家庭だけではなく、一定の収入未満のすべての家庭が対象となるという公的制度。


スキー板(金具付)、ストック、スキー靴、スキー板バックのセット一式。
これらの引換券が小学校1年冬と小学校4年の冬に支給されるのです。


成長の度合いを考えると・・・1~3年生で同じ1枚のスキーでは厳しいですね。
それでも、ものすっごく助かる制度です。小学校6年間で、2回もスキー一式を支給してくれるのですから。

 


ところが今年は長女のスキーが小さくなってしまったので、買い替えることにしました。


来年になれば2回目のスキー支給があるので・・・さすがに2万円のスキーセットを買うのはもったいない。

ということで、地元のリサイクルショップに行ってきました。

 

リサイクルショップは思った以上に充実していまして、同じように中古のスキーを買い求めるお客さんで大盛況でしたよ。

 

長女が選んだスキーは、


スキー板(金具付) 4,320円

ストック      1,780円

スキーブーツ    2,160円


計 8,260円也


何とか、予算以内で済ませることができました~~

リサイクルといえど、なかなか良い品をGET♪

 

さらには、スキー金具の調整まで店員さんがしてくれます!

素人には難しい調整までしてくれるなんて、ありがたいですね☆

 

願わくば、長男にもゆくゆくはおさがりにして使えると、なおのこといいのですが・・・

子どもの成長具合(身長)によりますし、こればっかりは何とも(涙)