シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

長女の通うアートスクールにて、100年鑑の制作。  あやうく年齢詐称がバレそうになる。


週末、長女の通うアートスクールでが参観日がありました。

わたしが子どもの頃に習っていた習い事関係では、参観なんてなかったな~。

 

今回のお題は、「100年」。

自分が生まれてから、100歳になるまでのミニ年鑑とつくるというもの。

 

「参観」なので、子どもだけじゃなくって大人も参加です。


ちょっと予定があって、私だけ遅れて行ったのですが、黙々と作業を進めていた長女。

 

この年(○歳)には、こんなことがあったよ~[過去]とか、

この年(○歳)には、こんなことをしてみたい![未来]とか。


それぞれ写真を切り貼りしたり、妄想したりして制作。

 

隣りで作業をしている長女の途中経過を見てみると・・・

 

f:id:echica-sun:20170123222653j:plain

 

26歳・・・ けんちくしになる。

27歳・・・ 自分の家をたてる。


29歳・・・ お母さんのお家をたてる。

 

ほうほう。
長女が29歳になったら、わたしの家を建ててくれるというではないですか!


楽しみ楽しみ☆

 

長女の将来は建築士になりたいそうで。

(だから、劇的ビフォーアフターが大好きだったという・笑)

 

「そういえば、おかあさんはどういう風に作っているの??」と、私が制作中の年鑑を除き込まれて・・・焦りました。


実年齢がバレる!!!!あぶない~~

 

というのも、実は・・・・

 

 

年齢を少々(だいぶ?)サバ読んで、長女に申告しているんですよね。


ええと、ひとまわりくらい??


長女はわたしがまだ20代だと思い込んでいます。

 


これがいずれお友達なんかと、自分の年齢と親の年齢から逆算して、「母親が○歳の時に、私を生んだ」という話に波及すると、つじつまが合わなくなってしまいますがね・・・

 

時々、「おかあさんって、今28歳だよね??」と確認で聞かれるたびに、いつカミングアウトするべきか、悩みます。くだらない悩みですが。

 

 

バレる前にバラすか、どうしましょうね。