シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

シングルマザーの家さがし。不動産屋さんへ行ってきました。

f:id:echica-sun:20170124230038j:plain

 

思い立ったったら吉日とか、なんとやら。

天気が良かった週末に不動産屋さんに行き、同じ学区内で気になる物件を中心に、物件の内覧をしてきました。

 

今回は、不動産会社某A社へ出かけてきました。


担当者さん(男性)、まだ店舗に異動してきて間もないらしく、地域内の方角がほとんどわからずの状態。


「南向きか東向きの部屋がいい」と言っているのにも関わらず、5件ほど見た物件のうち希望通りなのが1件だけ。ちゃんと書類とか見てるのかな?


『これ全部、希望の方角の物件ですから!!』というから内覧に行ったのに、西向きならまだしも北向きの部屋まで。北向きの部屋、お家賃が安くても日当たりが悪くて寒いんだってば!

ただでさえ、北海道では日照時間が短いんだから。さんざん説明したのに。

 


当の営業さんはと言うと、地図が読めないのか、方角が逆方向なのも気づかず。


不動産の営業が地図の方角もわからないなんて、大丈夫か?と不安になります。

 


結局、検討できる物件が1件しかないので、もうちょっと家賃を上げるか、それとも地域の範囲を広げるか悩んでいると・・・

 

 

不動産屋さん

「エチカさん、ぶっちゃけ、収入はどのくらいですか??」

 


それって、不動産屋さんに何か知る権利でもあるのでしょうか。

ちょっとイラっとしながらも、こう答えてみました。

 

わたし

「200万円くらいです。」

(注:全国の母子家庭の平均所得と言われるライン)

 

 

不動産屋さん

「え??ボーナスもみんな含めてですか??」

 

 

不動産屋さんがそういった時のギョッとした顔が忘れられません。


え?マジかよ??

その収入で家借りようとか思っているのか?

バカか?

 


まぁ、ここまで考えたのか、エスパーじゃないので実際にはわかりませんが、おそらくそれに近いことは思ったでしょうね。

そんな感じのビミョーな表情でした(笑)

 

というか、この人が不動産屋さんの営業を何年やっているのかは知ったこっちゃないですが、顔に出るなんてまだまだ修行が足らんよ。

 

何よりも、契約するかどうかまだわからない初対面の営業相手に、本当の収入をそもそも言うわけがなかろう。

 


ここでは多少ぶっちゃけますが、本務である大学での収入以外に副業の収入もあるので、この「母子家庭の全国平均」よりは幾分多いくらいの収入です。


少なくとも、賃貸の家賃は払える範囲。

じゃなきゃ、賃貸を借りようと思いませんし。


不動産屋さんの営業さんは若造だったので、「収入」がすべてだと思ったのかもしれませんが、シングルマザーの収入って人それぞれですよね?

 


給与所得だけじゃなくって、人によっては養育費もあるし児童扶養手当もあります。
場合によっては、わたしのように副業を持っていたりしますしね。

 

でも、「ああ、これが母子家庭に対する偏見というやつね」としみじみ思いました。

 


世のシングルマザーが、賃貸で家を借りるときに受ける洗礼ね。

 

 

この不動産屋さんの営業さんも、物事を自分のフィルターだけじゃなくって、多角的に見る目を養えたら、もっと人間的に成長できるのにね。まだまだ若いからしょうがないか。

 


そして何よりも、ちゃんと地図の方角くらいは見れるようになろうよ!と(笑)

 

 

ただ、最終的にマンションの内覧で検討できる物件の数が少なすぎるということで、まだまだ家さがし続行中。


特別急いでいるわけでもないので、のんびり物件をさがすつもりです。

運命のおうち、見つかるといいな~~

 

スポンサーリンク