シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

退職後の健康保険は、任意継続・国保のどちらにするべき?

f:id:echica-sun:20170126223931j:plain

 

年度末の季節柄、転職のシーズンでもありますね。

 

まだ転職をするつもりはないものの、この時期はどうしても定期的に

ハローワークの求人情報を見てしまいます。

 

北海道の就職活動はまだまだ厳しく、給与面も全国で1・2を争う低さ。

 

別居中に就職活動をしていた時は、正社員で「月給13万円、ボーナスなし」

なんて求人もあったくらい。
正社員でこの給与でボーナスが無いなんて、名ばかり正社員です。

 

こういう会社は入社後の「試用期間」は社会保険に入れないとか、平気で

いうんですよね。

 

 

これは、ブラック企業の典型です。


意外と知らない方が多いんですけれど、企業(法人)で試用期間は社会保険

(健康保険・雇用保険・労災保険など)に入らず、本採用後にやっと社会保険に

入れるなんていうのは『違法』です。

 


案外、法令もろくに知らないワンマン社長や、社員を使い捨てるような企業に

多いんですよね。


もしこんなブラック企業に出会ってしまった場合、「社保にちゃんと入って

ください」と正攻法でお願いしても無駄ですから、さっさと転職してしまい

ましょうね。自分を安売りしてはだめです。

 


さて、退職後に就職活動をする場合、子どもに関わることとして、健康保険を

どうするかを考えなくてはいけません。

 

 

で、結局「任継と国保」はどっちがお得なの??


よく聞くのが、今まで入っていた健保を継続する「任意継続」と新しく

役所で手続きをする「国保」。


任意継続の保険料は、給与明細などに書かれている「健康保険」として

支払っていた金額を2倍した額の支払いとなります。

 


通常、健康保険の保険料は勤務先と自分とで折半して支払っています。


わたしの給与明細を見ると、10,000円ほどの健康保険料が引かれて

います。


つまりは、勤務先も同じ10,000円を支払っているので、トータルの

健康保険料は20,000円です。

 

これが、退職して任意継続健康保険(通称・任継)を選択したときは、

勤務先の負担がなくなってしまうため、わたし自身がひとりで20,000円

を支払わなくてはいけません。

 

結構高いですよね・・・

このほかに国民年金保険料も支払わなくてはいけませんから、毎月

大きな出費になります。


ちなみに、この任継の場合は本人だけではなく扶養者(子どもたち)

も含まれた金額になっています。

扶養者分個別に保険料がかかったりすることはありません。

 

 

一方の国民健康保険。通称・国保。

国保の保険料は前年度の収入によって決まります。

 


子どもがいるシングルマザーの場合、非課税世帯だったりするので

保険料もそういった事情を配慮した金額となっています。


また、保険料を算定するための「保険料率」は住んでいる自治体に

よって違います。


現在住んでいる市の国保保険料よりも、隣町の保険料の方が安い!と

いうこともありえるんですね。


一般的に、子どもを養育しているシングルマザーの場合、任継よりも

国保の方が保険料が安いことが多いのですが、必ずしもそうとは言い切れない

場合もあります。


退職が決まったら、まずは国保の保険料がどのくらいになるか、役所に

直接問い合わせをしてみることをオススメします。

 

ちなみに、国保は『被扶養者』という概念がありません。

 


手続きは原則世帯単位ですが、母子家庭世帯であっても、

「母・子ども1・子ども2=3名」といった感じで、それぞれが被保険者と

なり、保険料がかかるしくみになっています。

 

住んでいる自治体の国保がいくらか?については、なかなかネットでは

得られない情報です。


確実な情報を得るためには、役所に問い合わせをしてみるのが一番ですよ!

 

スポンサーリンク