シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

年の瀬に・・・個人情報流出のお知らせがきました(汗)

 

数年前、ベネッセでは相当な規模の個人情報が流出し、ちょっとした騒ぎになっていました。


わが家はベネッセの教材をとってはいませんでしたが、妊娠・出産期の情報収集のために『ウィメンズパーク』というサイトに登録していたので、当然のことながら、ベネッセもそのデータを元にせっせと頻繁にダイレクトメールを送りつけてきていました。


あまりにもしつこくくるので、赤い字でデカデカと”受け取り拒否”と書いて送ってからは、ぴたりとダイレクトメールが届くことがなくなりました。


その直後のベネッセの個人情報流出騒動。

 

どんなに企業が努力していても、情報が流出するときはするのかもしれませんが、軽く怒りを覚えたものです。しかも、お詫びの品として『500円の図書券』が送られてきたということで、怒り倍増でしたけれどね。

 

ユーザーの個人情報って、そんなに軽いの?って。

 

そしてそして、数日前、資生堂系列の化粧品会社のイプサから、突然こんな封筒が届きました。

不正アクセスされるほどの脆弱性があるシステムだったなんて、あんまりだ・・・

f:id:echica-sun:20161225223119j:plain

 

ここ数年は利用していなかったものの、数年前(関東在住時)にはしばらくオンラインサイトを利用してコスメを購入していました。


最近は久しくオンラインサイトをチェックしていなかったものの、調べてみると12月2日には個人情報流出の情報を公開していたようですね。

 

それを知らなかったものだから、いきなりお知らせがきてビックリですよ。


漏れた可能性がある情報がどの程度なのか登録情報を調べようと、オンラインサイトにアクセスしてみたところ・・・閉鎖中!!

 


住所・氏名・生年月日が漏れたのならまだしも、クレジットカード情報が漏れていた場合、色々変更手続きが必要な場合がありますよね。


過去にクレジットカード情報を登録していたか、記憶があいまいなんです。
まったく、もう。

 

ちなみに、お詫びのおたよりと一緒にQUOカード(1,000円分)が同封されていましたけれど・・・これまた複雑な心境になりました。


とんだ、クリスマスプレゼントです。

みなさまも、個人情報にはくれぐれもお気を付けください。

 

特に、子どもの個人情報はものすごく価値があるらしいですよ。