シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

家さがし難航中・・・いつになったら引っ越せるのやら

f:id:echica-sun:20170312225645j:plain

 

1月から毎週のように、学区内の空き家を調べてはいるのですが、なかなか希望を満たす物件が出てきません(汗)


そんなに贅沢な条件があるわけでもないのですが、駅からの距離・学校からの距離・実家からの距離…と、あちらを立てればこちらが立たずな状況です。

 

いいな、と思う物件が出ても1階だったり。

子どもがいるので、足音とか騒音のことを考えると1階の方が良いのかもしれませんが、ちょっと防犯面が心配。

 

というのも、学生時代の友人が就職で引っ越した先のアパートが1階だったのですが、昼間仕事に出かけている間に、まんまと空き巣に入られたのです。

 


その話を聞くと怖くて、1階にだけは住むのをやめよう、と。

 

友人宅に入った空き巣は窓ガラスを破って侵入したようで、なんと冷蔵庫の中身をすべて取り出して、空になった冷蔵庫の中に金目のものを詰め込んで運びだしたんじゃないか、ということです。

 

警察が現場検証したところによると、男性と女性の靴跡もあったとか。

 

現場には冷蔵庫から取り出した食料品は置いたまま、冷蔵庫本体やプレステ、彼氏からのプレゼントのジュエリーなど、換金できそうなものがごっそり持ち去られていたんだそうです。


同じアパートの人に運び出しているところを見られても、「引越しかな?」くらいにしか思われないですもんね。おそろしー

 


他にも、同じく1階に住んでいた、とある友人家族の家が空き巣に入られて、使う予定があったので銀行から下しておいた現金10数万円が持ち去られていたとか。

 

やはり、空き巣被害にあった!という友人は、みんな1階に住んでいた人ばかり。

 

 

建物の立地や近隣の建物の状況なんかで変わってくるのかもしれませんが、男手のない母子家庭は、特に防犯について気を付けておいた方がよさそう。


北海道の住宅は基本的にエアコンが設置されていないのですが、1階だと夏場はさすがに窓を開けて寝られないんですよね。怖くて。

 

まぁ、あれこれ妄想で心配になっているだけかもしれませんが、ここだ!と思える物件が早く見つかればいいんですけれど・・・

 

早く引越ししたいです。

 

スポンサーリンク