シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

賃貸物件探し中。プロパンガス会社の闇にイライラする件。

 f:id:echica-sun:20170206230317j:plain


実家から独立すべく、先月から賃貸の物件をさがし中なのですが、なかなか希望の

『都市ガス物件』が見つからないです。

 


家賃が手ごろなところは、ほぼすべてプロパンガス物件。

神奈川県で結婚生活をしていたときにプロパンガスの物件に住んでいたので、その光熱費の高さは経験済み。

何が何でも都市ガス物件を探したいところです。


巷では、家賃が高くても都市ガス物件がいい!と言われていますが、プロパンガスの闇の部分を調べてみました。

 

 

そもそも、なぜプロパンガスは高いのか?


まずは、人件費がありますね。

 

都市ガスは係員がガスを運んでくることはありませんが、プロパンガスでは各家庭にガスボンベを運んだり設備点検に来たりと、『人件費』がかかります。


当然、こういった人件費も月々のガス代に上乗せされるため、都市ガスよりもガス料金が高くなるのです。


また、プロパンガスは公共料金ではないって知っていましたか??

 

 

都市ガス料金 = 公共料金

プロパンガス料金 = 自由価格

 

・・・実はわたしも最近まで公共料金だって思っていました(恥)

 

 


プロパンガスは、それぞれの会社で基本料金や使用料の単価を自由に決めることができます。

そのため、大げさに言うと、原油価格の高騰や為替の影響など、とってつけたような理由でも事由に価格を変動して使用者に請求することができます。


このプロパンガス会社が一方的に決められてしまうのです(泣)

ちょっと理不尽なような・・・

 

 


そして、なによりもこんな高いガス代でも物件のオーナーさんが契約をしているのには、こんなカラクリがあります。

 


『建物のガス設備費用が上乗せされている』

 


オーナーさんが建物を建てる際に、各部屋にガスを供給する設備をプロパンガス会社が無料で提供することがよくあります。

当然、設備に関する各部材の費用はプロパンガス会社が負担。


でも、タダで設備を配るだけではビジネスとして成り立ちません。

 


ということは、こういった費用を回収するために、上乗せされたプロパンガス費用が賃貸の借主に請求されているというわけなのです。


言い方が悪いですが、オーナーが建物設備でケチった分を賃借人が払うという構造ですね。

 

※ 都市ガスの設備を付ける場合、オーナーさんは自腹でうん百万の設備投資が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

 

プロパンガスの料金には交渉の余地があるのか


ネットで調べると、プロパンガスに関する相談機関があるようです。


★ プロパンガス消費者生活センター

 

 

持家の一戸建ての場合は、自由にガス会社を変更することもできるんだと思います。

 

でも、賃貸の場合は、なかなか難しそうです。


賃貸でプロパンガス会社をどこにするのか、決定権はオーナー(大家さん)にあります。


オーナーさんだって、地域の色々なお付き合いがあるので、賃借主に「ガス料金が高い!」と言われたところで、はいそうですかと簡単に安い会社と契約してくれるとは限りません。


特に、ガス設備を伴うプロパンガスの契約の場合は、契約期間が10年とか15年とか
決まっています。

その期間が満了する前に解約(プロパンガス会社を変える)する場合、違約金がかかる契約になっています。

 

プロパンガス会社にとっても、タダでで設備を付けたのにその費用を回収する前に解約されたのではたまったものじゃありませんからね。


ちゃんと、プロパンガス会社が儲かるように出来上がっているのです。

 

そして、結局は賃借人がプロパンガス会社の食い物になっているということです(怒)

 

 

プロパンガス料金の交渉は、


築年数がたっている物件は、当初の契約期間が過ぎている可能性が高いため、ガス会社の変更によって料金が下がる余地はありそうです。

 

この場合、建物のオーナーさんにお願いをして、ガス会社の変更か現状契約をしているガス会社さんに値下げ交渉をしてもらうことになります。

 

 

一方、築浅物件については、プロパンガス会社との契約期間がまだまだ終わっていない可能性が高いため、交渉は難しそうです。

また、リフォームやリノベーションなどによって、ガス設備が交換されている場合も、築浅物件と同様に交渉は難しいと思います。

 

 

賃貸物件を探す時には、都市ガスかどうか、プロパンガスならどこの会社と契約しているのかをあらかじめ調べておくことがベストです。


プロパンガスも会社によっては、基本料金が1,000円近く差があることも、めずらしくありません。ぼったくりですよー

 

わたしはやむなくプロパンガスも視野に入れなくてはいけないのか?と思ったので、気になる物件について、「契約しているプロパンガスの基本料金」と「ガス単価」を調べてもらうようにしています。

 

その結果、大人の事情が強く影響しているようでしてね。

不動産会社さんや管理会社さんは別の話題に流して、軽くスルーですよ(怒)

 


どの担当者も教えてくれない!腹立つー!!

 

なんで教えてくれないのか??


プロパンガス会社は、会社ごとの料金だけではなく、オーナーごと(建物別)に料金設定が違う場合もあるそうなのです。
Yさんのマンションはガス単価が600円だけど、隣りのZさんのアパートは800円・・・とか。

 

だから、ヘタに言えないんですよね。大人の事情。

 

きっと、契約書にハンコを押したら教えてくれるんでしょうけど。

(教えてくれないかも)

それでも消費者としては、価格をあらかじめ知って契約をする権利はあるはずなんです。

 

だって、プロパンの物件で家賃が同じ6万円だとして、設備や立地などの条件がほぼ同じなA物件とB物件を比べるならば、ガスの基本料金や単価が安い方がいいじゃないですか!


それを、知られちゃ困るといわんばかりに隠すなんて、ホントにイライラします。

 

 


お客様、この契約はAプランとBプランの

どちらがいいですか?

 

あ、料金はプランを選択して、契約完了後に

ご請求書を送りますから。

 


え?あらかじめプランごとの料金が知りたい?


いやー、そこは大人の事情ってやつですよ、ははは。

 

どっちのプランもそれほど変わりはありませんよ?

 

どちらのプランでもこれもまた御縁ですから、

えいっと決めてみてはどうでしょうか??


え?決められない?

そうですか~?そんなに深く考えなくても、

どちらも変わらないんですけどね~

 

・・・脳内妄想ですが。こんな感じ??

 


もうね、中身の見えないプランを選べと言われているようでね。

もう、腹立つわー。

考えすぎなのかもしれませんが、たかが光熱費されど光熱費。


毎日のことですから、家計のプランニングは大切ですよ。

 

長々と書いてしまいましたが、どなたかのお役に立ちましたらうれしいです。

 

スポンサーリンク