シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

別居準備に欠かせない、とても大切な3つのこと

 


わたし自身の経験から、別居準備に必要なポイントについて解説します。

なお、夫婦間で別居・離婚の話し合いがついていない場合は、水面下で準備しなければなりませんので、くれぐれもご注意ください。

 

f:id:echica-sun:20161011225105j:plain

 

1.住むところ

 

 

衣・食・住の生活に必須な項目は、真っ先に検討しなければいけないことです。

自分ひとりだけなら友達の家に居候しようと、漫画喫茶でしばらくしのごうと何とかなりますが、子どもがいる場合は、子どもの生活環境の安定を第一に考えなくてはいけません。

 

別居時に「自分と子どもが家を出る」のと、「夫が家を出る」のではだいぶ状況が変わってきます。

 

夫が家を出る場合は、「住むところ」はとりあえず確保できている状況ですよね。


一方で、自分と子どもが家を出る場合は、実家に帰るか賃貸の家を借りるという選択肢が多いのではないでしょうか。

 

賃貸の家を借りる場合、無職で賃貸契約をすることが難しいため、仕事が見つかってからの契約が一般的です。もし、夫も名義で契約することについて、夫本人と大家さんの了承が得られれば、契約も可能かもしれません。

 


しかし、いずれ離婚が成立した場合は、やはり自分自身で家賃を支払っていかなくてはいけません。


離婚後の契約名義など手続きが煩雑となる可能性もあります。

 

そう考えると、離婚を前提とした別居である場合は、早期に就職をした上で自分の名義での契約をするほうが得策ですね。


賃貸の契約に当たっては、子どもの学校の学区や様々な状況が関わってきます。

事前にインターネットなどで賃貸情報を確認しておきましょう。
 

 

スポンサーリンク 

 お部屋探しの【door賃貸】入居決定でキャッシュバック!

 

 

賃貸情報をあらかじめリサーチしておくと、地域の家賃がどのくらいなのか家賃相場がわかります。

 

また、生活費のめどが立たない場合は、とりあえずは実家に引っ越してから、子どもとの生活再建に向けて動くという手もあります。

 

特に、DV(肉体的・精神的・性的含む)や金銭トラブルなどによって、身の危険を感じている場合は、緊急的に公的な避難シェルターへ入ることも選択肢に入ってきます。

 

 

2.仕事

 

 

もともと共働きで仕事を持っている方には不要な情報かとは思いますが、当時のわたしがそうであったように、仕事を持たない専業主婦の方も多いですよね。

 

別居・離婚に伴い、子どもを抱えていろいろな山を越えていかなくてはいけない状況は大変です。

 

仕事は選ばなければ、何とかなります。

最初から、正社員の職場だけを選択肢に入れなくても、徐々にステップアップしていくこともできます。

 
現にわたしは契約職員として大学で働いていますが、もう少しスキルを積んでから、転職も視野にいれているところです。

 

現在の給与は決して自慢できるような高給ではありませんが、職場環境がとても良い上に働くママにやさしい環境なので、ありがたく思っています。

契約職員としての給与と、いくばくかのWEBの報酬と児童扶養手当でほどほどの生活ができているので、今のところは満足かな。

 

実家暮らしをしているというのも大きいですが、もちろん実家に生活費を入れていますし、子どもの習い事もがまんさせることなく続けられています。

 


子どもを育てる上で、仕事は切っても切り離せません。
状況が許すなら、バリバリ・・・それこそ男性のように働いて、子どものために頑張りたいですね。

 

 

子どもを育てるためには、お金が大切です。養育するための費用は、夫との負担が原則ですが、お金を得るためには、がむしゃらに働かなくてはいけません。

仕事を探す上で、子育てと仕事との両立に悩むこともあるかと思いますので、そんなときはハローワークで相談してみるのも一案かもしれませんね。

 

 

また、実家に帰る予定などでなかなか仕事探しのリサーチが難しい場合は、事前に転職・求人サイトに登録をして情報を集めてみることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が受注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

 
 
 

3.軍資金

 


別居するにせよ、離婚をするにせよ、先立つものは何を差し置いても「お金」です。

引越しをするにもお金がかかりますし、賃貸住宅の契約をするためにもお金がかかります。


さすがに生活拠点から引越しをするのですから、よっぽど私物を持っていない人でも、トランク1つだけ・・・ということはないですよね。子どものかさばる荷物も、かなり多くなります。


わたしはとりあえず実家に引っ越す・・・というパターンでの別居でしたが、大きな家財のすべてを置いていって、私物もかなり減らしたにもかかわらず、段ボールだけで単身パック2個分の手配が必要でした。


神奈川~北海道間の引越し費用だけで、7万円ほどかかりましたよ。北海道へ移動する航空券も、大人と子どもの分必要でした。(長男はバブ期だったので、無料)

 
今ではすでに忘れてしまった、こまごまとした出費も多かったと思います。
別居の軍資金として当時準備した30万円で、切り抜けた別居準備でした。


もちろん、生活再建のためには、貯金を0にするわけにはいきませんから、「貯蓄とは別の軍資金」を準備することがベストですね。


状況によって変わるこの軍資金は、あればあるだけ安心です、

 


ただし、夫婦共同の貯蓄を一気に自分名義の口座に移したりすると、離婚時の財産分与などの話し合いでもめることもありますので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク