シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

アトピー体質な長男の保湿対策

f:id:echica-sun:20170212220530j:plain

 

北海道の屋内では基本的にストーブでガッツリ温めるのが主流。

よく「こたつでアイス」とか揶揄されますが、北海道あるあるです。

 

家の中はストーブのおかげで温かいんですが、特にうちの長男はそのストーブの前を陣取って寝っ転がるのがお気に入りで困っています。

 

ただでさえ乾燥する季節なのに、ストーブの熱風でお肌がガッサガサになります。
そして、かゆみが出て、かきむしってアトピーが悪化するという悪循環。


いくらストーブから引き離しても、気が付くとまたストーブの前で転がっているという有様です。

 


長男は生後1か月のころに乳アレルギーで入院したことがあるんですが、今は牛乳アレルギーの数値も落ち着き、制限は解除されています。

 

牛乳を飲んだり、アイスクリームを食べたりすることはできるようになったし、食べたからといってアレルギー反応が出ることはなくなりました。

 

ただ、アトピー体質なのは相変わらずで、定期的に皮膚科に行ったり、小児科で保湿軟膏をもらったりとスキンケアがかかせません。


皮膚科から処方されるのは、保湿用にはヒルドイドソフトが出ますが、ステロイド軟膏もセットです。ひどい部分はリンデロン軟膏とか、ロコイドとヒルドイドソフトのミックスとか。部分的につけるステロイドが数種類出されます。

 

正直、「ステロイドは怖い」とかネットでの情報があふれているせいなのか、できるだけステロイドを使う頻度とか程度は抑えたいと思うんですよね。

 

弱いステロイドで長引くのか、強めのステロイドでがっちり直すのか。

皮膚科的には、しっかり直すために結構強いステロイをが出されることが多いです。


わが家の長女も長男も程度の差はありますが、それぞれとてもお肌が乾燥しやすい体質。

わたしもそうなんですが、無駄に色白なので、しっかり保湿しないと肌の水分がすぐ逃げていっちゃいます。北国らしく肌が薄いのかもしれませんね。

 

皮膚科でも小児科でも、しきりに「保湿が!保湿が!」と言われるので、去年の冬からできるだけ長男のステロイドを使わない(減らしたい)ようにしたいと、徹底的に保湿を心がけるようにしました。


ひざの裏とか、アトピーが悪化している部分は都度ステロイドを使わざるを得ませんが、それ以外の部分は市販の『ソンバーユ』という馬油をたっぷり塗って保湿するように。

 

  


コツはお風呂からあがったら、すぐにソンバーユを塗ること。

そして、たっぷり塗ることが重要です。

馬油はほぼ油なのですが、お肌の補修効果が高いのか、わが家の長男の場合はアトピー対策に効果がありました。(個人差はあるかもしれません)


保湿がしっかりされていれば、ステロイドでかゆみを抑える必要がなくなりますし、何より馬油は鉱油などとは違いお肌にやさしいと思います。


今時期の2月くらいが例年寒さと乾燥のピークなのですが、去年から引き続き冬の乾燥は乗り切れているように感じます。ソンバーユは近所のドラックストアでも売っていますので、手に入りやすいですよ。


ちなみに、わたしはamazonで定期購入しているので、割引価格で購入しています。
たしか以前、中国方面の方々の買い占めとかで品薄になっていた時期もあったのですが、最近は安定して供給されているように感じます。

 

たかが馬の油と侮るなかれ。

アトピーだけではなく、お肌の万能薬としてオススメです♪

 

スポンサーリンク