シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

長男の思わぬ一言でキュン死にしそうだった件。

f:id:echica-sun:20170508230838j:plain


白目の繁忙期からひと月ちょっと。
GWも久しぶりに羽を伸ばせたし、ようやく仕事が落ち着いてきました。


長女も4年生に進級して、長男も無事に小学校へ入学。
それぞれ新しい環境で楽しく学校生活が送れているようで一安心です。


長男の新入学・新一年生にありがちな事件などなどあるのですが、先日「お母さんでよかった!!」と実感するひとコマがありました。


ある日の夜、洗面所で寝る前に子どもたちとハミガキをしていた時のこと。


長女と長男で”好きな人ランキング”が始まりました。


長女は、「1位はね~お母さんでしょ?2位はね~…」と10位くらいまであげていきます。
残念なことにどうやら元夫は圏外。かれこれ4年くらいあっていないですからね。
「お父さんが入っていないんじゃない?」とは長女に聞かないことにしておきました。

 

これが現実(汗)

 

一方長男はというと、「1位はお母さん!」と安定の回答。


そしてそして、

 

「なんでお母さんが1位かというと~、

 

 お母さんはぼくを生んでくれたから!!」

 

 

まさかの一言にビックリ。どこでそのネタ仕入れてきたの?(笑)

いやいや、いっそ可愛すぎてキュン死しそうでしたけれどね!

 

まぁ、可愛いのは今だけなんでしょうが…

あと何年かすれば立派に(?)クソババア呼ばわりする日も来るのかと思うと、ちょっと切なくなりますね。 今を楽しもう、うん。


でもでも、白目の繁忙期に長女・長男共にいたわってくれたり、自分のことを自分でできるように頑張っていた二人。

そんな中で「自分を生んでくれてうれしい、大好き」と言ってくれる長男(と長女も)の言葉に、とてもうれしくて泣きそうになりました。


子どもたちの前では泣かないけど(笑)

 


子どもたちは着々と成長しているんですよね。
母ももっとがんばらなくては、と実感したのでした。

 

スポンサーリンク