シングルマザーの日日是好日

北の大地に暮らすシングルマザーがふたりの子どもとの生活と仕事、お金、子どもの教育などの情報を公開しています。

サンタクロースはいる?いない?子どもの夢とサンタミッション

f:id:echica-sun:20161209070250j:plain

いよいよクリスマスシーズンですね。

みなさまの家には、サンタクロースは来る予定ですか?

 

わが家のクリスマス事情は・・・12月23日の夜にサンタクロースが来る予定です(笑)

 

長男に「サンタクロースに何をお願いする?」と聞いてみたところ、即答でかえって
きたのが、

 

 

 

妖怪ウォッチドリーム!!

 

 

 


あああ...妖怪ウォッチ、既に2個持っているんですよ。

バージョンごとに妖怪メダルも進化していくという、大人の事情な、商売上手なアレ。

 

思わず、

 

妖怪ウォッチはもういいんじゃない??

サンタさんも予算の都合とか、妖怪ウォッチを作る部品の調達とか実際に作るとかになると大変だと思うよ~と言ってしまったダメな母は私です(笑)

 

 

すると、

 

大丈夫だよ!!クリスマスのプレゼントは『こびと』が作っているから!!

 

と満面の笑顔。

 


さすがに、これには何も言い返せません(汗)

そうかー、長男の中では『こびとが作ったプレゼントをサンタさんが届ける』設定なんですね。おもしろーい。


まだ幼稚園児の長男。まだまだサンタクロースの存在を疑っていないようです。

 


一方、小学生の長女。

そろそろサンタクロースの存在を疑い始めました。

信じたい気持ちと、お友達からの情報で、半々という感じでしょうか。

 

わが家では別居前から『サンタクロースからのプレゼント』と『両親からのプレゼント』を区別していました。つまりは、2個もらえるという。


それにともなう出費も大きいのもあり、そろそろ長女はサンタさんから卒業させたいところでした。でも、真実を話して夢をこわすのもどうかな?と悩んでいます。

 

今年はどうしようかな・・・長女だけでもサンタさんを卒業させたいところではあります。

 


今どきの子は何歳までサンタクロースを信じているんでしょうか。

わたしは子どもの頃、恥ずかしながら小学校4年生くらいまで信じていたので、あまり参考になりませんね。

 

正直、毎年クリスマスの朝4時に隠しておいたプレゼントを発掘して、子どものくつ下の近くにセッティングするサンタミッションがつらくなってきたところでもあるんですよね。


まぁ、サンタクロースを固く信じている長男のためには、まだまだサンタミッションは
続いてゆくのですが・・・

 

スポンサーリンク